仕事で使える文章校正ツール7つを比較してみた

仕事

書かれた文章を一つ一つ校正をするのはなかなか大変な作業です。一つ一つの文字を含めて全体的にチェックするのはそう簡単なことではありません。

時間もかかれば手間もかかり、更にメンタルエネルギーも必要です。そんな時に自動で文章を校正してくれる校正サービスがあるととても助かりますよね。

そんな助かる校正サービスはじつはインターネット上にあるのです。中には無料で利用できたりするものもあって、校正サービスを利用すると文章校正作業がとても助かります。

そこで、使える便利な文章校正ツールについていくつかご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

仕事で使える文章校正ツール7選

文賢

文賢はプロライターやブロガー、編集者や広報担当者、経営者などの様々な人々が活用している校閲や推敲などを支援してくれる校正ツールです。100項目以上の独自チェック項目をもち、文章を入力するとその改善点をリアルタイムで表示してくれます。

そのため、膨大な時間のかかる校閲や推敲プロセスを自動で行ってくれて、これらの作業をしっかりとサポートしてくれるというメリットがあるツールです。

そのメリットは他にも、2000を超えるたとえ表現なども活用できるので、読み手に伝わるもっと面白い文章が書けたり、機械による客観的なアドバイスによって編集者とライターのコミュニケーション上の感情のトラブルを予防してくれるというメリットがある校正ツールといわれています。

書かれた文章を文賢の画面に入力するだけというとても簡単な使い方で、機械が文章を校正して、その改善点を即時に表示してくれます。そんなウエブのクラウドツール、文賢の基本機能はそれぞれ独立した状態になっているので、必要な機能だけを使えます。

また、必要のない機能はいつでもオフにすることができるようになっています。

中でも重要なのが、校閲支援ではないでしょうか。校閲は日本語の間違いを正すことで、言葉の本来の意味に立ち返って校閲を行ってもらえたり、ら抜き表現を校正してくれたりします。

また、重複表現なども正してくれて、ナチュラルで読みやすい文章にしてくれるという機能です。

2018年4月18日より新しい機能「ディープ・ラーニングを利用した誤字・脱字検出機能」が追加されました。

私も実際に利用してみましたが、誤字脱字のチェックに対してかなりの精度だと感じました。これは非常に使えます!!

Just Right!5 Pro

画像はhttp://www.justsystems.com/jp/products/justright/より引用

Just Right!5 ProはJustSystems社が提供する文章校正用のツールです。

このツールは有料で使用するソフトウェアではありますが、プロの方などにも使用されていて、校閲レベルがとても高いので、ニュースや公共機関の情報提供など、公共性の高い情報やニュースや政府や自治体などから出される情報などを作成する際などにも貢献しているソフトの一つといえます。

非常に厳格なルールが表現自体に求められるという場合など、校正する人がそれらのルールを把握するのにはとても多くの時間も必要です。校正がきちんと漏れなくできないというリスクもあるかもしれません。

そんな時、Just Right!5 Proなら、短文や長文に関わらず、誤字脱字だけでなく表現の揺れなどの様々な校正ポイントをチェックすることができ、さらに、西暦と和暦や環境依存文字なども含めて校正してくれるのです。

使いやすく、キーワードを登録すれば独自の表現や読みなども学習してくれるので、そのまま校正チェックに反映できるのです。そんなJust Right!5 Proの機能を活用することで、新用語なども校正に利用でき、より正確な校正ができます。

Just Right!5 Proは厳しいルール設定をもつ政府や自治体、企業などの文章の校正をするのにおすすめの校正ツールです。

日本語校正サポート

日本語校正サポートはYahoo!APIを利用して日本語文書チェックを行う文章校正サービスになります。

日本語校正サポートは無料で利用でき、ブラウザを通して文章チェックが行えます。校正レベルも問題なく、誤字脱字チェックや略語、二重否定まで細かな構成ができます。

ATOKクラウドチェッカー

画像はhttp://www.atok.com/useful/atokchecker/index.htmlより引用

ATOKクラウドチェッカーは高度な文章チェックをもっと手軽にできるという特徴がある有料の校正チェックツールです。

ATOKクラウドチェッカーはJust Rightを校正エンジンとして利用しながら、ブラウザ上で文章校正を行うことができます。

このサービスは有料で、月額当たり税別476円の利用料で利用できるATOK Passportというサービスに申し込むことで利用することができます。ATOK Passportを利用すると、一定の文章校正では十分足りる機能性の高い校正サービスを利用することができます。

Enno

Ennoは無料の文章校正ツールで、タイピングの変換ミスや誤字脱字や誤入力な度を校正できるように、校正するべき箇所を黄色枠で分かりやすく表示してくれるという機能がある使いやすい校正ツールです。

無料で利用でき、簡単に手軽に校正サービスを利用したいという人におすすめのツールです。

Tomarigi

Tomarigiは教育支援ツールの一種で、無料ダウンロードして使用する校正ツールです。Tomarigiは簡易テキストエディタ機能に文章チェック機能が付いていて、文や段落、文単位で校正ポイントを指摘してくれます。

また、詳細な説明と修正候補も提示される他、漢字含有率なども指定して構成することができるというメリットがあり、文書プロパティで設定を行うことができます。

Tomarigiをダウンロードする場合、NET Frameworkやmecab-0.98.exe、Cabocha 0.60が必要です。Tomarigiはダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると使う準備ができます。

Tomarigiのダウンロードページのリンクを活用し、説明に従ってダウンロードします。

MS Word

MS Wordはマイクロソフト社の提供するワードプロセッサソフトです。Wordだと何を示しているのかがはっきりしないかもしれないということでこのように表現がされています。

MS WordはOfficeの中に入っているソフトの一つなので知らない人もいないというくらい有名な文章作成ソフトです。このソフトの大きなメリットは、文章を入力すると自動的に校正してくれるという点なのです。

文章を書くところから清書の段階までMs Wordで行うという人も多いだけに、このポイントは大きいですよね。マイクロソフトのWordには便利機能があって、校正ボタンを押すだけという簡単な方法で誤字や脱字をチェックしてくれるのです。

その方法は、校閲タブを選択したら、スペルチェックと文章校正というところを選ぶのです。すると、現在書いている文章のすべてが対象となって自動的な校正チェックが入るので、チェック箇所が赤や緑の波線でマークされるのです。

そして、修正したいところの波線をクリックすると、右サイドのバー上に修正候補も示してくれるのです。後はその中から選択すれば校正できるという嬉しい機能です。

MS Wordの校正機能はOfficeが入っているパソコンなら大体どのパソコンでも使用できるようになっているといわれていますので便利です。

まとめ

校正ツールにはいくつか種類がありました。幅広いチェックができて無料で使用できるものから有料で使用するものなど様々な校正ツールがあります。

そして、デスクトップ上でインストールして使用するものから、Webブラウザを通して手軽な校正チェックができるものなど校正ソフトは利便性に応じてチョイスすることができます。

それぞれのツールには他にはないメリットもあれば、デメリットもあるため、校正レベルや校正の手間などに応じてフレキシブルにツールを選ぶことがおすすめです。

細かなチェックができて、基本的な校正機能はWordに備わっています。もう少し細かくチェックしたいというならそれ以外のツールがいいですよね。

使用するなら無料で使えるもので多機能のものはありがたいですよね。校閲機能が充実しているものなど、使いやすいものを利用することがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク