バーミックスとフードプロセッサーの違い!使い勝手が良いのは?

家電

料理にハマると色々な調理器具が欲しくなりますよね。

その中でも近年ではバーミックスとフードプロセッサーの商品が数多く発売されています。

ここではバーミックスとフードプロセッサーについて記事にしていきます。

スポンサーリンク

バーミックスとは

バーミックスはハンディタイプのフードプロセッサーです。

泡立てる、つぶす、混ぜる、刻む、砕くというような作業を行える片手で使える軽さが魅力のバーミックスは、離乳食作りなどで大活躍してくれます。つぶす加減を自由に調整できます。手を汚さないできれいにつぶすことができます。

低速や高速などを調整することで、泡立て加減なども自由自在です。

1台で何役もこなしてくれるバーミックス、アタッチメントを取り換えれば色々な料理で応用できます。したごしらえが簡単にでき、時短にも繋がります。

小型サイズなので、小さな容器の中でも使えるのも良い点です。新鮮な果物を使ったジュースもコップの中で完成させることができたりします。容器の後片付けが要らないのが嬉しいです。

金属製のタイプは、熱い鍋に直接入れることもでき、スープ作りで活躍してくれます。できたてのポタージュスープなどが簡単に作れます。野菜たっぷりのポタージュもバーミックスを使えば1分もかからずに完成します。

大豆を潰した味噌作りなども簡単にできます。すりつぶす加減を調整できるので、食感も楽しめるのが良いです。

バーミックスは小型軽量なので、収納場所にも困りません。

フードプロセッサーとは

フードプロセッサーは、スライス、おろす、混ぜる、刻む、すりおろすが可能です。

テーブルに置いて使えるので安定しています。大きな刃がついているので、かたいものなどでも一気に混ぜたり刻んだりできます。容量も多いので4人家族などにもおすすめです。

あっという間にハンバーグの準備も完成します。

フードプロセッサーがあれば、したごしらえが簡単にできてしまいます。自宅でひき肉を作れるので、自家製ウィンナーや肉団子、つみれも簡単にできます。

魚のすり身を作っておでんにいれる団子を作ったり、かまぼこだって作れます。ヘルシーな魚のすり身が自宅で簡単に作れるのが良いです。

魚の骨もしっかり砕いてくれるのでカルシウムもしっかり摂取できます。

スライス機能を使えば玉ねぎのサラダなど薄くスライスした野菜を使ったヘルシーなサラダも簡単に作れます。包丁では作れない薄さに仕上げることができます。

すりおろしもフードプロセッサーなら簡単です。大根や山芋などのすりおろしを一気に作ることができます。

パンを作る時にもフードプロセッサーに生地をこねてもらうことができます。

バーミックスとフードプロセッサーの違い

バーミックスとフードプロセッサーの大きな違いはやはり大きさでしょう。

片手で使えるバーミックスは沢山の分量を仕上げるには少し力が足りないです。やはり大人数の場合はフードプロセッサーが良いでしょう。

しかしフードプロセッサーは置場所に困る事もあるので、収納スペースが無い人はバーミックスがおすすめです。

それぞれアタッチメントを取り換えれば色々な作業ができます。しかしお手入れが大変なものもあるので、購入する前には機種の特徴をしっかり確認しましょう。

どちらが使い勝手が良いのか10人に聞いてきた!

バーミックス派の意見(7人)

一番の理由はサイズ感です。作業スペースがまな板と材料を出したらほぼなくなってしまうような狭いキッチンでは、フードプロセッサーを置いて使うことがなかなか面倒だったりします。
バーミックスは付属のカップを手で持ちながら混ぜたり、鍋やボウルの中で直接混ぜることができます。
洗い物もスライサーの部分だけ取り外してサッと洗えるので手軽に手の込んだ料理や離乳食が作れます。
ミキサーとフードプロセッサーを持っている筆者の母も、バーミックスを羨ましがっていました。

41歳女性
私は両方持っていますが、人にオススメするのならバーミックスです。
バーミックスの方が、手入れが簡単なので、よく使います。また、場所を取らないのも良いところです。バーミックスを買ってからよくポタージュスープを作ります。
鍋に直接入れて混ぜられるのでとても便利です。バーミックスを購入するときには上位機種を購入することをお勧めします。

26歳女性
バーミックスは食材を鍋やボウルに入れて刺せば使えるから準備の手間がかからず便利だし、洗い物が少なくて済むのがいい。
フードプロセッサーは食材を移したりして洗い物が増えるし、サイズが大きくてキッチンに置いておくと邪魔なので私は使っていません。
できることはバーミックスでもフードプロセッサーでも殆ど変わらないため、気軽に使えるバーミックスの方がいいと思います。

33歳女性
使用する前後の手間を考えると断然、バーミックスのほうが使いやすいです。
何故かと言うとバーミックスはほぼ入れ物を選ばず使えるので、思い立った時に混ぜることが出来ます。飲料などはカップで混ぜればそのまま飲めることです。すぐ使えることで料理時間も短くなります。
また、一番のメリットは洗い物が少なくて済み、片付けも楽なことです。

31歳男性
バーミックスは場所を取らないので断然便利で使い勝手が良いです。バーミックス一つあれば、なんでも素早くみじん切りやペースト状や、かくはんすることも可能です。
使い終わったらサッと水洗いして戸棚の中にもすぐに収納することができます。フードプロセッサーは場所もとるし、重いしで結局使わなくなることが多いと思います。

37歳女性

フードプロセッサーは、一つの容器の中で刃が回るため、回している最中にムラがあって全然カットできていないところがあると、一度開けて全体を混ぜたりしないといけませんが、バーミックスは自分で動かしながら使うことができるので焦ったさがありません。また、お鍋やボウルの中で使えるため、いちいちフードプロセッサーの容器に移し替えて、撹拌してまた移し替えてという手間がなくて楽、というのも理由の一つです。

29歳女性
専門学校に通っていた時にどちらもよく使いました。私は断然バーミックスの方が使い勝手がいいと思います。
何故なら、洗うのが簡単でいろいろできるからです。材料を混ぜるだけならばフードプロセッサーの方が早いでしょう。
ですが泡立てることはできないし、物によっては混ぜすぎて分離してしまいます。その点バーミックスは回転が早すぎないため混ぜすぎてしまうことは少なく、極力空気を入れたくないチョコレートなども均一に混ぜることができます。
料理に使う時でも、鍋に直接入れて混ぜることができます。よって私はバーミックスを選びます。

46歳女性

フードプロセッサー派の意見(3人)

私は、フードプロセッサーを使っております。
昔からフードプロセッサーを使用しているためバーミックスよりかはフードプロセッサー派です。
理由としては、野菜や果物などをしっかりと潰して本来の味が楽しめるのと食感も少し楽しめるのが私は好きです。
なので、フードプロセッサーの方が私的には好きです。皆さんもオススメな野菜などを教えてください。

33歳女性
フードプロセッサーは手入れが面倒ですが、小型の物が販売されていたので購入して使っています。
バーミックスは使う時にコツがありますし腕の力も結構必要とします。一度買って使ってみましたが少しの量しか作れませんし容器の部分が耐久性が悪くヒビが入ってしまい使えなくなりました。
フードプロセッサーの方が安定感があり安心して使えます。

24歳女性
フードプロセッサーの方が、大量の野菜を潰す時に、適していると感じました。
希望していた通りに野菜を潰すことができたので、離乳食を作りたい時やスープを作りたい時に、とても重宝しました。また、フードプロセッサーは管理がとても楽でした。
洗いやすいので、掃除をすることが苦になりませんでした。たくさんの料理が作れたのもよかったです。

44歳女性

お勧め商品

バーミックス商品

bamix(バーミックス)M300は力強いパワーで沢山の量もまんべんなく混ぜたりできる機種です。

コンパクトタイプなので収納もしやすく口コミでも人気の高い商品です。同じシリーズでM250がありますが、こちらは少しパワーが劣ります。お値段は結構高めな印象もありますが、使いやすさと機能性はとても満足できるバーミックスです。

フードプロセッサー商品

ティファール フードプロセッサー ミニプロ ルビーレッド プラスは1台7役こなしてくれるフードプロセッサーです。お子様に人気のカレーやハンバーグを作る際にスピーディーに準備ができます。

アタッチメント類も収納しやすくなっているので、フードプロセッサーにしてはかなりコンパクトなサイズです。お手入れもしやすく初めてのフードプロセッサーにはおすすめです。バーミックスよりお値段が安いのも魅力です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク